借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払いから逃れられないものも一部あります。
債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、そこに規定された非免責事項は支払義務から逃れることはできません。

 

 

 

例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。
一方、一緒くたにしてしまいそうになりますが、養育費が非免責事項であるのに対し、離婚による慰謝料は免責されることもあります。もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、完了するまでにはどれくらいの時間がかかると思いますか?一口に債務整理といっても、その方法は様々で、どの方法で債務整理を行ったかによって時間も変わります。

 

 

 

とはいえ、どのやり方でも3か月以上はかかってしまうと理解しておいてください。

 

なお、借り入れ先が多数に及んでいるという場合は、その分時間がかかります。

 

 

 

1年、またはそれ以上かかる人もいるようです。

 

 

昔は出資法に依拠して、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が頻繁に見られました。
利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

 

今は利息制限法の上限を上回る金利は違法な貸付です。

 

したがって、グレーゾーン金利での借金を負っていた人は、債務整理を行う事によって実際には払う必要のなかった利息が返還されることがあります。
それがイコール過払い金請求です。

 

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に最も重要なのが、委任状という書類になります。これは、債務者の権限を弁護士に委任するという契約を結ぶために使われます。

 

 

委任契約が結ばれると、弁護士が受任通知を出すため、しつこい電話や郵便の取り立てから解放されます。
他にも、契約を交わした弁護士は、債務者の代理人となって、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。

 

全ての借金がなくなるのが自己破産制度です。
借金で辛い思いをしている人には有難いものですよね。ただし、メリットばかりではありません。

 

当然、デメリットもあります。家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりません。
そうして、十年間程度はブラックリストのほうに登録される為、新たな借り入れは、行えなくなります。クレジットカードはとても便利なものですが、買い物に使い過ぎたら返済できなくなる可能性もあります。こうした場合に行いたいのが債務整理です。債務整理をすれば、元本の借金や利子を減額したり、月々の支払いができる金額に組み直して支払っていくことができます。

 

ただ、当然ながら債務整理をすればカードの利用ができなくなりますし、返済できなかった品物は、クレジット会社によって引き上げの対象になるかもしれません。

 

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったという事例が多いようです。
仕事に行けずに、返済ができなくなったり、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに多重債務者になっていたということは、なかなか言い辛いことですから、一人で悩みを抱えてしまうという人が多いのもまた事実です。

 

こうした背景がある為に、元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。
債務整理というものをやったことは、勤め先に黙っておきたいものです。
勤め先に連絡されることはないので、見つかることはないでしょう。
とはいえ、官報に掲載されてしまう場合もあり得ますので、見ている方がいたら、気付かれる場合もあります。

関連ページ

遺産相続の機会はそうしょっちゅう
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
あらゆる債務整理の手段と等しく、個人で手続きして過
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
返済がどうにもならなくて自己破産を行わなければ
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
借金が返済しきれず債務整理という手
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
時々、勘違いしている方がいるのですが、独身
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は借
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
債務整理をすればその種類は問わず
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
過払い金があれば、借金を減らすこと
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
借金の返済が不可能になって債務整理で借金を
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
裁判所の判断が必要な自己破産や個人再生では、す
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になってい
借金の金額を減らしてもらう方法があります。