よく考えずにゼロ和解記事一覧

遺産相続の機会はそうしょっちゅうあるものではありませんが、本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、遺産より借金のほうが多いと、まさに「蓋を開けてビックリ」の状態で債務を抱えてしまいます。ただ、打つ手がないわけではありません。債務整理を行うのです。ここで行われるのは任意整理であって、裁判所の決定を待つのではなく、弁護士等を通じて債務総額の減額を債権者にお願いすることになります。無用の面倒を背...

あらゆる債務整理の手段と等しく、個人で手続きして過払い金の返還請求を行う事ができます。この時、最初に取引履歴の開示請求を行いますが、ゼロ和解の提示がその際にあるかもしれません。ゼロ和解とは、残債をゼロにする事をもってこの話を終わらせようという申し出です。了承するとしても、取引履歴の開示前なら発生している過払い金がどれだけなのかは闇の中です。軽はずみにゼロ和解をすると大損になってしまうかもしれません...

返済がどうにもならなくて自己破産を行わなければならなくなったら、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを基本的に返済に回すものですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。過去の預金解約分まで記...

借金が返済しきれず債務整理という手段をとるときは、最近ではスマートフォンやPCから債務整理関連の情報を容易に得られるようになりました。けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから債務整理をしたいと思っていることが誰かに漏れやすくなります。いつでも気になった時に調べられるので、スマホのほうが安全でしょう。自己破産をすると全債務の返済義務から解放される...

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払いから逃れられないものも一部あります。債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、そこに規定された非免責事項は支払義務から逃れることはできません。例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。一方、一緒くたにしてしまいそうになりますが、養育費が非免責事項であるのに対し、離婚による慰謝料は免責されることもあります。もし、債務整理で借金を整理しよ...

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、結婚して相手の苗字になったとしてもキャッシングやローンなどの審査に受かるようになるわけではありません。審査が必要な金融サービスに申し込むと、業者は名前だけでなくその他の個人情報を組み合わせて信用情報を調べるのです。このように、審査では名寄せが行われるのが一般的です。ですので、結婚して苗字が変わったとしても、審査をパスできるわけでは...

過払い金があれば、借金を減らすことができるでしょう。過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは業者に返済し過ぎた利息のことです。平成20年に法が変わる前は、罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、利用者は高い利息をつけて返済していました。それを過払い金と呼んでいます。発生していた過払い金を返還してもらえば、債務の負担が減らせる可能性があります。和解後...

借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、債権者から取立てが来たとしても拒否して債務者に支払いを求めるよう促すことが可能です。ただし、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、返済の一部や全部を放棄してしまうと、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者と話し合いの上で支払いを分割にしてもらう事はできます。...