任意整理の場合記事一覧

債務整理の中でも特に、個人再生、あるいは任意整理というものは、債権者の同意が必須です。任意整理であれば、任意整理を行う債権者を1社ごとに選ぶので、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。ですが、法的な強制力があるわけではないので、一部の債権者は、和解に応じない可能性があります。もし、個人再生をした場合は、複数の債務が対象になります。けれども、過半数の債権者が反対にまわった場合、個人...

個人が債務整理を行う場合、手始めとして弁護士や認定司法書士などに仕事を受けてもらうための着手金を支払わなければなりません。報酬金は成果に応じて変わるのが常ですし、依頼者が負担する出費としては、裁判所や債権者となる会社へ行く交通費、債務整理を裁判所に申し立てるための手数料としての印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。しかし交通費や印紙代などは実費が基本ですから、上乗せして要求してくるような...

債務整理と一言でいっても色々なタイプがあります。債務不能者と債務者の話しあい、自己破産や過払い金請求など沢山です。どれも性質が違っているため自分はどれをセレクトすればいいのかというのは専門家に相談して決心するのがいいと思います。過去に債務整理をした情報については、かなりの間、残ります。この情報が存在する間は、借金ができないのです。情報は何年か経過すれば消去されますが、それまでは誰もかれもが見ること...

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、支払いが困難になるでしょう。一般的に、一括での支払いが無理ならば、毎月の返済額を少なくするリボ払いで返済を続けますが、その返済も難しくなるケースがあります。このような状態になると、精神的にも追い詰められてしまいますから、弁護士などに債務整理を依頼し、借金地獄を抜け出し、再スタートを切るのも間違いではありま...