多重債務者の中には、その原因がうつ病だという事

多重債務者の中には、その原因がうつ病だという事

多重債務者の中には、その原因がうつ病だという事例が多いようです。たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに債務が膨らんでいたとは、なかなか言い辛いことですから、一人で悩みを抱えてしまうという人が多いのもまた事実です。

 

ですから、うつ病を発症したり、悪化したりすることも多いようです。債務整理には、債権者への支払いが済んだ借金の過剰に支払っていた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」があります。この返還請求をするには事前準備としてかつての借入金の明細が載った取引履歴の書類が求められます。
取引の履歴によって、適正な利息を算定することができるので、不要だった分の利息をを返してもらうことができます。

 

 

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。

 

よく言われるのが、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。つまり、一定の期間は金融機関からのローンや借り入れができなくなってしまいます。

 

債務整理には複数の方法があり、どの債務整理の方法を選んだかでブラックリストに載っている期間が5年から10年の間で違いがあります。

 

中には、常日頃からつい借金をしてしまっていて、債務整理を複数回することは可能なのだろうかと心配している人もいるでしょう。
普通は何度してもかまいません。

 

 

ただ、これまでに債務整理をしたことがあるのに改めて債務整理を希望するとなると、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。

 

 

軽々しく債務整理に頼ろうとするのはやめておきましょう。

 

私は個人再生という助けを得たことで家のローンの支払いがたいへん楽になりました。

 

これまでは、毎回支払うのが難しかったのですが、個人再生という方法のお陰でとても返済金額が少なくなり、生活が楽になりました。迷わず弁護士に相談してみて良かったと本当に思っています。

 

 

債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、残債と相殺する債務整理のことを特定調停と言います。ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、この特定調停という制度ではそれを返金してもらえるということはなく、借金が帳消しになるだけです。
もし過払い金が戻ってくる可能性が高いと予測がつくのでしたら、特定調停などは効果が薄いので、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。
債務整理に必要なお金というのは何があるのかというと、依頼を引き受けるにあたって着手金が発生し、次に成功報酬、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

 

 

 

もし任意整理という方法をとった場合、成功報酬は減額金額によって決められ、成功報酬が先に定められている個人再生とは状況が異なるので注意が必要です。あとは自己破産ですが、この場合も債務の免責が許可されれば成功報酬を払います。

 

 

 

金額設定は弁護士により異なります。任意整理で借金を清算したケースでは、債権者との交渉によって残った債務を毎月支払いながら完済を目指します。
返済中に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、残りの債務を一括で返済したり、繰り上げて返済するといった対応が取れるでしょう。

 

この時、任意整理の際に頼った弁護士事務所などがあれば、ご自身が債権者に返済についての連絡を入れるより、担当の弁護士などに頼んだ方がスムーズに話が進みます。

関連ページ

債務整理をすることでマイカー
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
債務者が行う借金の整理の形式
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
債務整理の方法に任意整理を選ぶ場合、債権
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
債務整理の中でも自己破産の場合は、手続
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
債務整理後、住宅ローンを銀行で申し込むとど
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
借入先から送られてくる請求書や督促
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
数日前、債務整理のうち自己破産という選択肢
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
多数の弁護士事務所のうち、債務整理をどこに依頼する
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
個人信用情報(いわゆるブラックリ
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼する
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
家や車などのローンを完済する前に自己破産の手続
借金の金額を減らしてもらう方法があります。
普通、債務整理を行う場合、司法書士や弁護士といったプロ
借金の金額を減らしてもらう方法があります。